忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2014年の映画です。



主演は故ロビン・ウイリアムズ。コメディー俳優で、私はジュマンジと実写のポパイのいイメージが強いです。

いつも怒っている偏屈者のヘンリーが、病院で、主治医の代役の女医シャロンを怒らせてしまいます。
シャロンは主治医がヘンリーに告知してなかった「脳動脈瘤」を怒りに任せて口走ってしまい、おまけに「余命90分だ!」と言ってしまいます。

脳動脈瘤は本当ですが、余命90分はもちろん口からでまかせ。

これがキッカケでヘンリーが何故偏屈者になったのか、何故シャロンの機嫌が悪かったのかが明かされていくというストーリー。

派手さはありませんが、とてもいい映画です。ロビン・ウイリアムズですからね、もちろんコメディーもたっぷり。
観終わった後、家族の顔を見たくなりますよ。

看板 名古屋

看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
PR
2012年の映画です。



詐欺師コンビが主役というストーリーで、ほどほど面白いんですが、少々無理のある展開に、お腹のあたりがムズムズしてきます笑

この「ムズムズする」という感覚、私は幼少期からありまして。
たとえば映画で、無理な展開や普通だったらありえないようなストーリーとか。あまりにヘタクソな演技とかを見てもムズムズします。
あと、色っぽい女性がヤサオトコを色仕掛けで誘惑する場面とかでもムズムズします。
これって一体何なんでしょうか!?

ムズムズとは表現してますが、これが一般的な「ムズムズ」と一致しているのかどうかすら分かりません。

ネットで「ムズムズ」を調べると、精神的ストレスとかドーパミンの機能低下とか書かれてたりします。これは何となくそうなのかもしれません。私、割と感受性と思考がかなり近いところにあるようで、一見なんでもないことでも嫌な気分になったりするんです。

映画は特に感想と言える感想はありません笑
でも、ハッピーエンドでほっこりできると思いますよ。

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
既設の壁面看板にインクジェットシートを出力貼りしました。

大人の事情でモザイク入り笑

12mの後方格納タイプの高所作業車を用意したのですが、看板の左上角に1mほど届かずにヒヤリ笑
まあ、たかだか1mですから、どうにでもなりますよね。

15年ほど前から何度も関わっている現場で、過去に何の表示を入れたのか記憶が消えています。
3面の看板のうち、一番下のインクジェットの劣化が酷く、まさか弊社で施工したものだったら大変だと思ったら、他社さんの施工でした。

インクジェットメディアとラミネートフィルムの選定は大事ですね。


看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
2014年の映画です。



シアターでトレーラーを目にしてましたので、もちろん存在は知っていました。
この今っぽいタイトルや、ギャグっぽい仕立てのトレーラーから、B級映画だろうと判断して観ませんでした。
んが、その後大ヒットして続編まで作られることに。

今回、4年の時を越えて動画配信サイトで視聴しました。
まあ、B級といえばそうなのかもしれませんが、全てが絶妙なんですよ。こりゃ面白い!

「いかにも」なキャスティングは憎めず、都合のいい展開があっても許しちゃう。
授業では教わらないような時代背景が分かるのもいいですね。

ものすごくパワーをもらえる映画です。
東日本大震災の地を舞台に、日本に元気を!・・・と作られたのですね。

お勧めします。

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
宇宙戦艦ヤマト2199の続編として制作されている「2202愛の戦士たち」。

モチーフとなった「さらば宇宙戦艦ヤマト・愛の戦士たち」が大好きな私は、もちろん欠かさず観ております。
しかし、公開するペースがあまりにゆっくりで・・・4~5ヶ月おきなので、前回のあらすじを忘れてしまいます。

今回観たのは、11月2日公開の第六章、回生篇。


前作2199は、面白かったんですが、こねくり回しすぎて最終的にはヤマトとはまったく別の作品になってしまいました。旧作ファンとしては「なんやねん」というのが正直なところです。

2202は超面白くて、旧作ヤマトを上手く焼き直したなぁと思っていたのですが、それも第二章まで。トホホ・・・

第三章で急展開を盛り込みすぎた上、ズオーダーの説明くさい長セリフで、私は一気に冷めてしまいました笑

DVDで何度も観直せば面白くなってくるのかもしれませんが、設定を一発では飲み込めず、2199に輪をかけてこねくり回した印象です。
まあ、そもそも映画として作られている訳ではないですからね。様々な裏設定というのは、ODS(非映画コンテンツ)ならではのものなのかもしれません。

それでも今回の第六章の中盤以降は、細かい設定が明かされたりして収束、また面白くなってきたような気がします。

個人的には、もっとド直球なヤマトが観たいんですけどねぇ。
頼みますよ、マジで。

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------


2013年の映画です。

武士の家計簿と同じく柏田道夫氏が脚本を手がけています。同様に加賀藩が舞台。
2013年当時、上映されてるのはもちろん知ってましたが、なんとなく見逃した映画でした。

江戸時代に実在した「包丁侍」と呼ばれる料理役の武士の物語。
特別に名作というほどではないかもしれませんが、普通に面白かったです。

中盤以降、中心人物たちの命にかかわる大事件が同時進行して核になるのですが、引き付ける力が微妙に弱い・・・笑
映画らしいスケール感に欠けるので、ちょっと物足りない感じがしますね。

まあ、私がEXILEのメンバーであれば確実に私の奥さんになっていた上戸彩さんがかわいいので、許します笑

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
年末は、足場を組んで書き文字でした。

今の時代に書き文字ぃ!?・・・と思われそうですが、書き文字は意外とメリット多いんです。

まずは何といっても、価格が安いことです。ざっくり目安ですが、10m巻きのシートと一斗缶の塗料が同じくらいの価格。シートは10㎡、一斗缶の塗料は80㎡の施工が出来ます。
また、下ごしらえなしで現場に行き、そのまま施工が出来ます。つまり、携わる時間が短いので、その分のコストも下がるということです。

つぎに、現場で簡単に変更ができるということ。
インクジェットやカッティングですと、サイズが違っていたりするとアウト! でも、書き文字なら全然OK! ですので、サイズの分からない現場や、下見できない現場でも施工できます。
そして、フィルムが施工できない凸凹面にも施工が出来るのも強みですね。

最後に、あまり知られていない強み。
実は、長持ちだということです。

うそぉ!?って人が多そうですが、まあお読みください。

書き文字からカッティングに取って代わったときから、「書き文字よりもシートのほうが長持ち」と言われてきました。
確かにある意味ではそうなんです。当時の塗料と、当時の最高のシートでは、シートのほうが耐久性が上でした。
特に、小さい文字では顕著です。小さい文字を書き文字で仕上げると、小さな筆を使うわけですので均一な塗装が出来ませんからね。
耐擦過性においても、シートのほうが上です。

今現在はインクジェットが主流。これは弊社実績で7~8年くらいしか持ちません。
カッティングでは、今は最高級の材料の半分~4分の1程度のコストのものが主流です。半分くらいのものはともかく、5年ものといわれる4分の1程度のコストのものは、結構持たないんですよ。インクジェットと大して変わらないです。

今のウレタンなどの塗料は、もっと持ちますよ。

街中を見回すと、茶色く変色してしまったインクジェットシート、ポロポロにひび割れてしまったカッティングシートを良く見かけます。

でも意外と、書き文字で仕上げた看板はしぶとく残っていませんか?

ご参考くだされば幸いです。


看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
本日から2019年始動です。
よろしくお願いいたします。


看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
しばらく前にくらべて、朝晩はぐっと冷え込むようになりましたが、例年よりも暖かいですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

弊社は下記の通りお休みをいただきます。



12月28日(金)通常営業
12月29日(土)~1月6日(日)休業
1月7日(月)通常営業
山は越えたものの、年内予定いっぱいです。ありがとうございます。
結局詰め込みきれず、休業中もゴソゴソせねばなりません・・・トホホ

それでは皆さん、良いお年を。

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
このタイミングで映画「くるみ割り人形」と言いますと、現在公開中のディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」と思われそうですが、今回は2009年の映画です。「秘密の王国」に合わせてか、クリスマスに合わせてか、GYAOで無料配信されてました。





ドラえもんの水田わさびさん、GACKTさんが吹替を担当して話題になりかけたような気がしますが、3D技術の黎明期(「アバター」が同年の2009年)で上手く使いこなせなかったのか、ゴールデンラズベリー賞にノミネートされてしまったという不運な映画です。
3D自体、映画では真の意味では普及できませんでしたからね。

内容的には「くるみ割り人形」原作のド直球ストレートに近く、しかも音楽はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」がメイン。

しかも子供目線的な表現で、映像的にもベタな部分が多いせいか、評価は限りなく低かったようです。

まあ、そういった部分をクリアにして観れば、目新しい部分はなくとも、なかなか楽しい映画なのではないでしょうか。
くだらん子供番組観るよりは、こっちの方が断然いいと思いますよ。お時間ありましたら、お子様と一緒にどうぞ。

前述の通り、音楽はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」がメインなのですが、他にチャイコフスキーの交響曲第5番が組み合わされています。
そもそもミュージカル映画でして、前半の内にチャイ5の第2楽章のモチーフが歌に現れます。

個人的にチャイ5、チャイコフスキー交響曲第5番はとても思い出深い曲です。


すっごいいい曲なんですが、ただでさえ陰気臭いチャイコフスキーの中で、ブッチギリに暗い曲です笑

看板 名古屋
看板 日進

有限会社ロゼ
------------------------------------------------------
mail:info@rose-inc.com

TEL 052-805-8161
FAX 052-805-8169
------------------------------------------------------
次のページ >>
プロフィール
HN:
シャチョサン@ロゼ(看板職人)
HP:
性別:
男性
職業:
看板職人
趣味:
工作
ブログ内検索
アーカイブ
N
T1
忍者ブログ [PR]